COFFEE COLUMN

コーヒー豆知識

浅煎り…深煎り…焙煎度とはなにか

浅煎り、中煎り、深煎り、シナモンロースト、シティロースト、フレンチロースト…

  • 豆知識

2020.11.4

焙煎度、それはコーヒーの味の違いが一番はっきりと分かれる要素です。

ステーキを注文するときに、レアにするか、ウェルダンにするか、のようなものだと思ってください。

基本的に、浅煎りにすると生豆の特徴がはっきりと出やすく、酸味を強く感じ、苦味はほとんどありません。
逆に深煎りにすると、生豆本来の特徴は薄れ、苦味が加わります。

一般的に流通しているコーヒー豆は、深煎りに近いものが多いです。
なので、コーヒーというと苦いイメージが強いんですね。

苦いコーヒーが好きな方は深煎りを、酸味を感じたい人は浅煎りを選ぶといいと思います。

酸味が強いコーヒーは苦手という方は多いですが、コーヒーの酸味にも色々あるので、自分に合った酸味のコーヒーが見つかるかも知れません。

僕も以前はコーヒーの酸味は苦手だと思っていたのですが、初めて酸味を美味しく感じたときは、大げさでなく感動しました。

一覧に戻る